賃料以外に支払う費用

マンションは劣化するもの

どのようなマンションでも、年数が経過すれば劣化します。
そのままの状態では住民が安心して暮らせないのですぐ補強工事をしてください。
古くても工事すれば、綺麗になったり丈夫になったりするので大丈夫です。
しかしマンション全体を工事する際は、高額な費用が発生します。
自分の貯金だけでは足りないでしょう。
そこで普段から住民にも、費用を出してもらい貯金してください。

それが、修繕積立金になります。
コツコツ貯めていれば、高額な費用が発生しても支払うことができます。
修繕積立金はマンションで暮らす人が、絶対に支払わなければいけない金額です。
新しく入居する人がいたら、修繕積立金が発生することも忘れないで伝えてください。

住民が減ってしまう可能性

壁や床が壊れているマンションでは、誰も暮らしたくないと思ってしまいます。
ですからこれまで住んでいた人がいても、退去してしまうでしょう。
住民がいないと、マンション経営できなくなります。
様々なデメリットがあるので、マンションを正しく管理してください。
きちんとメンテナンスすることで、いつでも安全で綺麗なマンションになります。

そのような場所で、暮らしたいと思っている人が多いと思います。
定期的に修繕していることを、アピールポイントにしても良いですね。
魅力がたくさんあるマンションだったら、入居者をスムーズに増やすことができます。
すると自分の収入も増えるので、修繕積立金を使って定期的にメンテナンスしてください。