どのくらいの金額にすれば良いのか

築年数が経過しているマンション

まだ建設されてから、数年しか経っていないマンションを管理している場合は、10000円ほどで良いでしょう。
老朽化するのがまだ先なので、少ない金額を徴収していても間に合います。
しかし10年以上経過して1回も工事していないマンションはすぐ工事が必要になるかもしれません。
その時に困らないよう、15000円ほど毎月住民から集めてください。

住民から修繕積立金が高いと文句を言われた場合は、年数が経過していることを理由にしましょう。
すると、納得してくれると思います。
修繕積立金が毎月20000円を超えると、高いと思われやすいです。
相場を越えないように、金額を設定してください。
10000円から15000円が適切な金額になります。
管理しているマンションの、築年数を知りましょう。

マンションの大きさが関わる

1部屋が広いマンションは、15000円ぐらいの修繕積立金でも大丈夫です。
マンションの規模が大きくなると、工事する範囲も広くなります。
すると工事費が高額になるので、住民から多めに修繕積立金をもらわなければいけません。
どのくらいの金額を設定すれば良いのか迷ったら、他のマンションを参考にすると良いですね。

自分が管理しているマンションと、同じぐらいの大きさんところの修繕積立金を調べることで、相場がわかります。
また住民からどのくらいの金額を徴収することで、何年後に工事できるようになるのか見通しを立ててください。
工事の計画を考えていれば、トラブルに素早く対応できます。
トラブルの対応が遅れて、住民に迷惑を掛けないでください。